おでこのニキビは何故発生してしまうのか?主な原因と洗顔料を使った治し方

おでこのニキビは思春期によくできると言われていますが、大人になっても洗顔方法の間違いや生活習慣の乱れなどで現れることが多くあります。
鼻や頬のニキビとは異なり、おでこのニキビは治りにくいとされており、段階を経て悪化してしまうケースもあります。

 

・おでこのニキビとは
白くポツポツしたニキビがおでこにできた場合にはすぐにケアするように心がけ、なるべく悪化させないようにしておきましょう。
毛穴に皮脂が溜まってポツポツとしていた白いニキビは、皮脂が酸化してしまうことで黒ずんで黒ニキビとなり、炎症を起こした場合には赤ニキビへと進行してしまいます。
化膿して黄ニキビになってしまうと自分でケアするだけでは治らなくなることもあるため、症状が進行したと感じた場合には皮膚科に相談することも大切です。
早期に治療することも大切ですが、まずはおでこのニキビの原因を考え、原因となっていることを改善するように生活を見直してみましょう。

 

・おでこのニキビの原因について
思春期に多いとされるおでこのニキビの原因は、皮脂の過剰な分泌だと言われていて、成長期にホルモンバランスが変化することが関係しています。
男性ホルモンが増加することで皮脂腺が刺激されて皮脂が多く分泌されることや、おでこが汗をかきやすいことから毛穴のつまりが起きやすいことが原因で、ニキビができやすいと考えられています。
また、思春期だけでなく大人にもおでこのニキビができてしまうことがありますが、共通している原因としては前髪や手で触れることによる刺激も挙げられます。
さらに大人の場合には、日常生活ちょっとした生活習慣でおでこのニキビができてしまうことがあり、不規則な生活や睡眠不足がホルモンバランスやターンオーバーを乱してニキビの原因になることがあります。
洗顔方法の間違いでもおでこのニキビができてしまうことは多く、特に髪の生え際に洗顔料が残ってしまったり、ゴシゴシと力を入れて洗ってしまうことや洗顔回数が多すぎることなどが指摘されます。
おでこのニキビの原因をチェックして、改善させるように洗顔方法や生活習慣などを工夫しましょう。

 

洗顔料とは

 

洗顔料は汚れを落とすことは勿論ですが、肌の余分な皮脂を落とし清潔な状態をキープするためにも重要な働きをするものです。
正しい使い方をすることで、スキンケアのベースとなる綺麗な肌状態に整えることができるのですが、洗顔料の選び方や使い方によってはおでこのニキビやその他のニキビ、肌トラブルを起こしてしまうこともあるため注意しましょう。

 

洗顔料には固形タイプやフォームタイプ、泡タイプ、パウダータイプなどの種類があり、それぞれに特徴を持っています。
固形タイプは肌に優しく保湿性が高いものが多いので敏感肌やおでこのニキビがあっても安心して使えて、フォームタイプは泡立ちが良いことがポイントです。
ただ、フォームタイプは洗浄力が高く肌に刺激を与えることがあるため注意しておく必要もあります。
泡立ちをより良くしたい場合には、泡タイプの洗顔料を使うと優しく洗顔することができるのでお勧めです。
パウダータイプは泡立ちはあまり良くないのですが、洗浄力が高く、皮脂をすっきりと落とすことができます。
洗浄力の高さの面については、フォームタイプと同様に皮脂の落としすぎについて注意しておかなければいけませんが、少量ずつ使用できるパウダータイプの洗顔料は衛生的だと考えられます。
季節やシーンごと、肌状態に合わせて洗顔料を変える方法も良いでしょう。

 

なぜおでこのニキビに洗顔料が良いのか?

 

皮脂の分泌量が高いおでこは、化粧水などのスキンケアアイテムでのケアでのニキビの対策をすることは勿論ですが、洗顔料でしっかりと皮脂を落とすことが基本のケアとなります。
毛穴につまった汚れや皮脂を落とす洗顔をするよう心がけ、優しい洗い上がりになる洗顔料を使ってケアすることが大切です。
思春期に多くなる皮脂量に対しても、大人のターンオーバーの乱れによる皮脂量の変化にも、まずは洗顔料を使ってさっぱりと落とすことが基本です。
洗顔をする時に注意したいのは、ゴシゴシと力を入れて洗いすぎないことや、洗顔料が髪の生え際などに残らないようにしっかりとすすぐことです。
また、洗顔料は洗浄力が高すぎると肌のバリアをするための必要な皮脂まで洗い流してしまい、逆におでこのニキビや他の部分のニキビの原因にもなるため注意してください。
洗顔をした後には乾燥を防ぐためにも、きちんと保湿をするスキンケアをすることも大切になります。
薬をつける時にも、肌は清潔な状態にしなければ効果を得られなくなってしまうので、おでこのニキビやその他の部位のニキビ、肌荒れなどのトラブルが起きている際には丁寧に洗顔料を使って洗顔をしましょう。
トラブルがある時の肌には天然由来の成分や、弱酸性でできている低刺激の洗顔料を使用すると、肌を傷めずに洗顔することが可能だと考えられています。